ちらっと見える歯が好印象に繋がります!

審美歯科の歴史は古くから始まっていた!?

審美歯科ってそもそも何?

皆さんは、歯を思いっきり出して笑うことが出来ますか?
中には、歯並びが気になっていたり、歯の変色が気になり、歯を出して笑う事に抵抗
を感じている方が多いかも知れません。
歯医者は、歯の機能的な部分の治療が中心ですが、審美歯科は、歯の外見を重視した
治療が中心です。
審美歯科の代表的な治療として、入れ歯治療や歯並び治療やホワイト
クリーニングなどがあります。
美容整形外科に美容歯科がありますがそれとは、全く治療内容など違います。
歯並びや歯の白さが良い事で、外見や第一印象が良い意味で変わります。
人前で話したり、営業を行うような仕事をしている方は、ちらっと見えた口元から、
歯並びが悪かったり歯が変色していたりすると第一印象がよくないので審美歯科での
治療をおすすめします。

審美歯科で行える治療内容

審美歯科で行える主な治療内容は、ホワイトニング、ラミネートベニア修復などの治
療方法で変色した歯や着色した歯の治療を行ったりハイブリッドオールセラミックス
で歯冠色審美修復材料を使った修復や歯を抜いた部分に入れ歯を入れる治療などを行
います。
具体的な治療内容の例は、歯を白くしたい人には、薬剤を使用したホワイトニングや
歯を全て削ったり一部分を削ったりして白い人工的なもので削った部分を直したりし
ますし、歯の形を綺麗にしたい場合も歯を一部か全てを削り、白い人工的なもので直
したりします。
その他に歯茎の色をピンク色に戻したい場合は、薬剤を使用し元に戻したり、銀歯な
どを白い人工的な物に変える治療も行っています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る