普通の歯医者と審美歯科の違い

ちらっと見える歯が好印象に繋がります!

審美歯科ってなんぞや?

歯医者さんは、馴染みがあるので知っているかもしれませんが審美歯科を皆さんは、
知っていますか?
審美歯科は、20世紀の後半にできた言葉ですが、審美歯科という言葉ができる前から
審美歯科治療は行われました。
審美歯科の代表的な治療の一つは、入れ歯です。
江戸時代では木製の入れ歯が人気でしたが歯が欠けていたり、歯の状態が悪いと顔の
全体のバランスが悪くなってしまいます。
入れ歯には、噛み合わせの治療以外に歯の美しさを保つ効果もあります。
お歯黒という言葉があるくらい、江戸時代では、白い歯を好んでいたようです。
江戸時代では、歯が白く歯並びが良い女性は、美しい女性と言われていたため、女性
が結婚すると歯を黒くし女性を魅力的に見せないようにし、美徳と道義を損なわせて
いました。
審美歯科の代表的な治療の一つ入れ歯のほかにホワイトクリーニングがあります。
アメリカやヨーロッパでは、21世紀前からホワイトクリーニングは広まっていました
が、日本では、21世紀頃からホワイトが広まりましたかまだまだ認可されているホワ
イトクリーニング剤が少ないのが現状です。
このサイトは、審美歯科とはいったい何か。
審美歯科で行える治療内容ってどんな内容か。
審美歯科の治療費用は、どのくらいかかるのか。
審美歯科で治療する際に保険適用になるのか。
歯医者と審美歯科の違いは何か。
など初歩的な事を中心とした内容のサイトです。
すでに審美歯科について詳しい方もいるかもしれませんが確認の意味も込めて見てい
きましょう。

TOPへ戻る